小さな塗装店です。山本商店です。 ホームページはこちら! image.gif image.gif

2007年01月20日

無料レポート、プレゼント!

塗装工事業者って、なんとなく・・・怖くないですかexclamation&question

職人さんって・・・どんな人exclamation&question

工事費用もぼったくられないだろうか・・・

とは言っても大手メーカーは高いに決まってるし・・・

外壁はどんどん傷んでくるし・・・

訪問販売業者はくるし・・・

そんな事に不安や不信感を持ってるあなたにお聞きしますexclamation×2
不信感を取り払い、どんな業者に頼んでも上手く工事を進める方法を知りたくはありませんかexclamation&question




塗装工事は誰に頼めばいいのかexclamation&question多くの方が悩んでいる問題ですね。

でもexclamation×2もう悩まなくても大丈夫ですexclamation×2

業者の選び方があるのですexclamation×2

〜塗装工事を失敗しないポイント〜 

無料レポートプレゼントexclamation×2 


これを手に入れたあなたはラッキーですひらめき手(チョキ)

塗装工事の不安が解決する方法を知ってしまうからです!

ピカピカぴかぴか(新しい)に塗り替えられたあなたのお家をイメージして見てくださいパンチ

今すぐダッシュ(走り出すさま)exclamation×2連絡くださいexclamation×2exclamation×2パンチパンチ

無料レポートを請求されても、セールスや売り込みは一切いたしません
保証します。パンチご安心してください。



ご注意exclamation×2塗装工事、建築のプロがいつもあなたのそばにいるので不安がない方、

お金の事は心配ない、工事費用に不安がない方は必要はありませんのでご注意ください。exclamation×2



山本商店
〒581−0845
大阪府八尾市上之島町北1−67−3
TEL 072−923−5855

晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ

2006年12月09日

塗装工事はまだするな!

詳しくは↓クリック!

http://www.yamamotoshouten.com

そして・・・

http://gaiheki-nurikae.seesaa.net/

ここも一度どうぞ。
posted by yamamoto at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 外壁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

外壁


宅にとって、外壁の選択は多種多様です。

住宅を守る目的や、装飾的な目的などがあります。

外壁の塗装は比較的新しく、数十年前まではモルタルを塗り上げた

外壁がほとんどでした。

それでも、十分に住宅を保護し雨漏りなどを防いできたのです。



々のひび割れでは、雨が進入しないのは訳があります。

モルタルの下にラスという鉄製の網を貼り付けるのですが、

その前に、アスファルト系の防水紙を貼り付けます。

これがあるのと無いのでは全然違います。

この防水紙のおかげで、雨の進入を防いでいるのです。

結局、塗装しなくても、

外壁は、少しのひび割れでも(防水紙が破れない程度)雨は進入しないのです。

外壁を塗装しなくても、下地の防水紙やモルタルが住宅を守ってくれます。




かし現在は、環境の変化の影響で酸性雨や紫外線などで、

モルタルの風化や劣化が極端にひどくなってるようです。

モルタル壁が劣化すると剥離、脱落などの原因のなります。

そして、ラスがはがれ、それと同時に防水紙も劣化します。

従来ならもう一度防水紙とラス張りなおして、モルタルの塗りなおしを繰り返し行っていました。

モルタルの上に塗装をするようになってからは、

従来行ってきたモルタルを塗り替えることが、なくなった思います。



装することによってモルタルの中性化を防ぐ事が出来ます。

モルタルの寿命が長期的になり、

結局外壁というより住宅その物の保護が極端に進化したのではないでしょうか。

費用の面でもコストパフォーマンスに優れています。



ちらの場合も足場仮設工事は必要ですが、

モルタルの塗り替えに関しては既設のモルタル撤去作業、防水紙、ラスの貼り付け、

そしてモルタル塗りです。




ルタルの撤去は作業的にも時間がかかり、処分費用も安価ではないでしょう。

モルタル塗りも通常2回に分けて塗ります。下塗り、上塗りの2回です。

この下塗りと上塗りのインターバルですが、下塗りを行った次の日にとは行かないのです。

下塗りを行ってある程度の期間を置いてから、上塗りをぬります。

そして、塗装をするなら10日間程度の養生期間が必要です。

モルタルは、収縮性もあって初期のひび割れを待ちます。

モルタルの性質は強アルカリ性で塗った直後に塗装をかけると、塗料がアルカリ成分に負けてしまい、

塗装の剥離などアルカリ汚染を引き起こします。

新築時にサイディング壁が増えたのは、こういった養生期間がなくすこととひび割れを回避する目的です。

結果、工期の短縮などのメリットと合わせてサイディング壁が多く使用されるようになったと思います。

しかしそのサイディング壁のデメリットもたくさん出てきました。それは又他で紹介させていただきます。



れてしまいましたが、モルタル塗り替えは費用面でも工期面でも高くて、長いと要ったデメリットがあります。

それにくらべて塗装は塗料の塗り替えですみます。

テクスチャーも多様多彩で、新築時のモルタル壁さえしっかりしていれば、自由自在です。

撤去作業や各工程の養生期間はあるものの、

モルタルのように10日間といった長期的な養生期間もありません。

防水性や防藻、防カビといった性能や各樹脂の性能を活かした材料ががあり、

材料の種類も気候や条件にもよりますが、

一定条件の中で、5年間から15年間ぐらいの持続性がある商品が各メーカーから販売されています。



装のメリットと、塗装の塗り替えのメリットは、現在の住宅おいては当たり前になってきました。

しかも、新築時から住宅の建替えまでにモルタルを塗り替える作業はなくなったのかの知れません。
posted by yamamoto at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 外壁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

塗装工事はまだするな!

最近パターンになってきました。

『塗装工事はまだするな、こんな営業手法には気をつけてください』

そんな事を言われるようになりました。

そして悪徳業者だった塗装店が、正義の味方に早変わりしていると・・・

そんな営業手法を使っているなどと言われ差別化をはかっていますね。


逆手に取ったやり方です。

私たち塗装職人は、仕事が面白くてやっていますdaiku.jpg

又、家が綺麗になるのが楽しいのです。

大変勝手な言い分で恐縮なのですが、経営者ではない職人の気持ちを言いますと、

綺麗ごとは言いません、

本音は、と言いますとお客様のため、地域のためだと考えている職人さんはほとんどいないはずです。

正直言ってそんな綺麗事は考えていないでしょう。



お客様の目的である外壁の塗り替え、リフォームの最終目的とは何でしょうか?


誰も、見ず知らずのペンキ屋さんと世間話をしたいとは思わないでしょうね。

職人の最終目的は、丈夫で長持ちそしてどれよりも美しい仕上がり!

これは職人のプライドです。これが職人の最終目標です。DSC00189.JPG

そして、お客様に喜んでいただけることが嬉しいのです。

いかがですか?最後は手を握り会えませんか?

社交辞令のような、気を使った会話なんて面白くもありません。

お客様の警戒心、心の壁を取り除く意味で会話を上手くするのでしょうね。

職人さんには話術なんかありません。

腹を割った会話や普段のそのままに近い会話しかできないのです。

しかし、お客様が分からないことには、しっかり答えることはできます。

そんな理由から聞いて答えるだけが多いのではないでしょうか。



やはり・・・ 塗装工事以外にも仕事をしないといけないのです。
それがコミュニケーションなんでしょうね。

しかし、仕事もコミュニケーションも両立できる職人さんの数は大変少ないと思います。

職人さんにとって、作業中以外は、労働時間ではありません。DSC00178.JPG

休憩している時やお昼ごはんの時などがあてはまります。

その時間滞も今は気を使って過ごします。

そうしないとお客様にマナーが悪いって怒られたり、嫌がられたりするのです。

そして、評判が悪くなると次の仕事が取れなくなってしまうからです。

この悪い部分を修正してきたのが大手メーカーなどの現場管理ですね。

とても感謝しなければなりません。そのおかげで職人さんのマナーは大変よくなってきましたし、

お客様にも愛想よく、会話も出来るようになりました。

しかし・・・これで本当によかったのだろうか?


反面、職人の素直さと言うか本音を聞けなくなったはずです。

作業の内容もそうですね。発揮できなくなったのも事実です。

請負金額の圧縮にも原因はありますね。

自分の技術を安売りしなければならないのです。



解決する方法として、

下請けから抜け出す!大変重要ですね。



塗装店は塗装が出来ます。そして下地の処理もします。

下地の補修や修理もします。

でも、どこまで出来るの?

壁が落ちそうであれば、どうするの?

左官屋さん?それとも大工さん?もしかして・・・電気やさんは呼ばなくてもいいの?

どうでしょうか?

傷んで無い家をリフォームする訳ではありません、壊れている可能性だってあるのです。

シロアリ退治の事なんかも塗装やさんに分かりますか?

だから、建築や総合請負業者さんに診て貰うと安心できるのです。

表面だけ見て、『塗装の工程は手抜きしない、高額な請求もしない』そうやって価格表を提示している所もありますが、本当に大丈夫ですか?

建築やさん、大工さんは家を作り上げて来た人たちです。

家の基礎から仕上げまで全て分かっています。

確かに専門分野は専門業種の方がよく分かっています。

彼らはコーディネーターの役割つまり業者と業者をつなぐプロなのです。

専門業種から見る目、建築屋さんや建てた人が見る目の視点が少し違う場合があるのです。

だから必ずしも、専門業種だけでは・・・

済む場合は良いですが・・・sanninのコピー.jpg

それ以外は大変危険な事です。

くれぐれも、お気を付け下さい。

大事な事ですから。

塗装工事も一応、家を守っていく役割もあるのですが、

塗装の厚みはほんの数ミリです。しかしその下にある家は大変大きいのです。

安易に専門業種に聞いても解決しない時は総合請負業者にお願いする方が良いでしょう。

あなたが病院に行く時は総合病院に行きませんか?

軽い病気は近くの開業医さん。そんな感じでしょうか?



下請けさんの手抜き工事について。

やってはいけないことです。

現在はやっていないはずです。

なぜか?

手抜きを覚えた、又はやらずにはいられなかった。

価格や請負金額が相当圧縮されて、仕事にならないから、

プライドを捨てた職人さんもいるからでしょうか?

しかし、必ず結果が返ってきます。それはクレームです。

当たり前の事ですね。

そして、もう一度塗装するには費用も時間も掛かってしまいます。3倍の損失になるわけです。


これを繰り返すわけには行きません。

だから手抜き工事をやめるのです。


面白い事があります。手抜き工事を改良するんです。

手抜き工事をしてクレームがこないように工夫します。

悪いことなんですが、しかしクレームが怖いので工夫します。

少しずつ改良します。するとどうでしょう!

これもクレームの原因になる、

これもやっておかなければならない・・・

正規の施工方法より、工程も作業も増えてしまって完璧に近い工事になってしまったのです。

机の上の施工方法ではありませんから、現場での経験とクレームの知識が結果そうさせてしまったのです。

考え方が、『どうやれば、クレームが出ないようになるか?』

最終的な自分たちに問いかける質問はそれだったのです。

利益を上げることは確かに大切ですが、それよりもクレームの処理のほうがはるかに費用が掛かってしまい信用も失うからです。

そっちのほうがリスクも大きいのです。

手抜きをすれば、お客様に対しては詐欺ですね。そして、自分自身に必ず返ってきます。

それを経験したきた業者さんは絶対手抜きなんかしません。

最近ではあまり手抜工事って聞いたことはありません。

悪徳業者も減ったような気がします。

原因、結果が出たような・・・気がするのは私だけでしょうか?





職人はお金儲けに執着はありません。

確かに生活をしていくのにお金は要ります。そして、あれば

あるほど良いに決まっています。

世の中のサラリーマンは定年があります。

職人には定年なんて言うのがありません。

なぜ、そんな年齢まで現場で仕事をするのか?

好きな仕事だからです。

なるほど体は劣っていきます、

しかし、日当が下がっても現場で働くことが生きがいです。

技術や知識がいっぱい詰まった自分が大好きです。

体が動かなくなるまで、やります!無題-24bitカラー-01.jpg



そしてお客様が喜ぶ顔が大好きです。

職人のプライドと技術が、お客様が求めるものと合致した時、

それは大変嬉しいことです。

職人の生きがいであると私は思っています。


山本商店

建設コープおおさか

大阪府中小建設業協同組合




posted by yamamoto at 10:29| Comment(11) | TrackBack(0) | 外壁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
Β??σ.JPG
名前:山本修
性別:男
職業:山本商店
ウェブサイトURL:http://www.yamamotoshouten.com
メールアドレス:yamamoto@yamamotoshouten.com
一言:無料レポートプレゼント!

これを読む前に、
塗装工事は絶対しないで下さい!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。